育児パパのお気楽生活 紀伊半島【H26冬】
コンテントヘッダー

紀伊半島1周旅行 5日目その3

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



2月上旬に近畿地方へ旅行に行ってきました。

その詳細をお伝えします。

旅行スタート→紀伊半島1周旅行 1日目その1 




19時まで遊んでいたので、夕食がまだだった。

急いで向かうことにしよう。


今いるのは名古屋市の北部。

これから名古屋市の中心部へと向かう。


目的地は栄の近く。

市街地に近づくに従い、車線数が増えてきた。


普段は千葉の田舎道ばっかりなので、車線数は多くても3車線。

ここは・・・。


6車線もあるじゃないか。

もはや都内を走っているのと変わらない。
DSCF4425 - コピー

ようやく着いた。

事前に調べておいた駐車場に車を入れると、係員から【バッテン】のしるしが。


え!?なに?

高さ制限があるから止められないよ。」 (駐車場の係員)


えっ!?なんと!?



調べておいた駐車場は立体駐車場。

車高は155センチまで駐車可。


我が家のノアは178センチ


・・・。

しまった。


高さ制限のことなんて、全く頭になかった。

ヤバイ。どうしよう。


ちなみに、路駐は絶対にできない。

この辺は重点取締り地域だし、実際に取締りの職員がウロウロしているのを確認している。


頼みのパーキングメーターは20時まで。

夜は止められない。


すぐそばにある平面駐車場はというと・・・。

なんと10分200円!

ひょえ~。1時間止めたら1200円じゃないか!
DSCF4433 - コピー

しかしこればっかりは仕方ない。

お店はここにあるのだ。


妻と子供たちには先にお店に入っていてもらい、注文をしておいてもらった。

急げば30分以内には食べ終わるだろう。


頃合いを見て駐車場に止める。

そして大急ぎでお店へと向かう。


ちなみに、こうまでして行きたかったお店はここ。

とんかつ いし河。


以前の旅行でも来たことがある。

その時の記事はこちら→名古屋・大阪1人旅 1日目その2


あの時の味がもう1度食べたかったんだよねぇ。
DSCF4431 - コピー

おとーさんがお店に着く直前に料理が来ていた。

おぉ、ピッタリじゃないか。


おとーさんの大好きなみそカツ。


美味しそう。

いただきまーす。
DSCF4427 - コピー

子供たちは隣にある姉妹店のハンバーグ屋さんのハンバーグ。

そしてカレー。


お腹を空かせた子供たちは、待ちきれない様子。

早く食べちゃおうね。
DSCF4426 - コピー

急いで食べて、おとーさんだけ先に駐車場に戻る。

予想通り30分以内に収まった。


良かった良かった。

でも何だかなぁ。


急いで食べたから、落ち着いて味わえなかった。

やっぱりご飯は、自分のペースでゆっくり食べたいね。


さて、もうすでに時間は21時過ぎ。

そろそろ旅行は終わりとなる。


その前に、今回の旅行の最後のイベントを楽しむとしよう。

やって来たのは名古屋の南部にあるスーパー銭湯 宮の湯。

公式HPはこちら→宮の湯
DSCF4439 - コピー

ここは温泉のあるスーパー銭湯。

今回は子供たちは全員妻に引き取ってもらった。


おとーさんはこれから夜通し関東まで走らなければならない。

少しでも無駄な体力を使わないようにするためだ。


それじゃ、後でね。
DSCF4435 - コピー

入浴の時間は1時間と決めていた。

あまり長湯して疲れてしまっても意味がない。


ゆっくりお湯に浸かり、身体を伸ばしてストレッチをした。

1人のお風呂はいつもの慌ただしさがなく、ゆっくりできた。


待合室へ行くと、すでにみんな出て寛いでいた。

おとーさんあ栄養補給型のドリンクでパワーを溜めるぞ。
DSCF4437 - コピー

22時半、千葉へ向けて出発する。

自宅までの距離は417キロ。


首都高以外は全部下道で行くつもり。(笑)

おとーさんの計算では、恐らく朝8時頃に自宅へ着くであろう。


子供たちは車内で寝て、朝起きたらそのまま幼稚園に行く手筈。

おとーさん以外は全員寝ていてもらおう。


ちなみに、カーナビが算出した予想到着時刻は13時過ぎ。

3時間後ではなく、15時間後のことだ。(笑)


まぁ、カーナビはね。多めに時間を計算するからね。

夜間の国道1号線は、すごくスムーズに走れる。


たぶん平均時速は50キロぐらいで走れると思う。

信号が少ないバイパス的な道ばっかりだからね。


よし、それでは気合いを入れて、出発ぅ。
DSCF4440 - コピー

名古屋市を出発し、国道23号線に入る。

この道はずぅーーーと信号がなく、まるで有料道路のような道。


ちなみに、カーナビはその間ずーっと国道1号線に誘導させようとしたが、頑として拒否し、そのまま23号線を走る。(笑)


夜間で車が少ないのもあって、快調に飛ばせる。

愛知・静岡県はこういう快適な道があるのが嬉しい。
DSCF4442 - コピー


事前に調べておいたグーグルマップでは、23号線は全部開通していない部分があった。

しかし実際は開通していて驚いた。


豊橋から道の駅潮見坂までの道。

地図では途中で国道42号線に入らなければいけないが、実際は開通していた。


グーグルさん、その辺しっかりしてくださいよ。


国道23号線から1号線に入り、浜名湖を越える。

掛川バイパスでは上り線のみ工事中で迂回路を行かされた。


どこで合流できるのか分からなかったが、前を行く大型トラックに必死についていった。

トラックが曲がる所を一緒に曲がり、何とかバイパスに戻れた。


知らない土地ではバイパスOO~OO間通行止めと言われても良く分からない。

トラックについていって良かった。


後で調べたら、そこがまさに通行止めが解除する場所からバイパスに戻っていた。

すごいぞトラック。さすがだね。


その後、東海道線と東名高速と国道1号線が狭い地域で並走する由比を通り、道の駅富士で一休み。

寒い外に出て、身体を伸ばす。


ずっと運転席にいるんじゃ疲れちゃうもんね。

たまには外出て体を動かさないと。
DSCF4444 - コピー

箱根の峠を越える時は、路肩に雪があって緊張した。

路面に雪はないのだが、さすがに山道だね。


雪があるというだけで集中力が増しているのが自分でも分かる。

逆に峠を下り、平野部に戻ったら眠気が出てくる。


人間は正直な生き物だね。

危険が迫ると眠気どころではないんだね。


横浜市に入り、首都高湾岸線始発の幸浦から高速に乗る。

いつもなら、普段乗らない首都高に乗っただけでテンションアップする。


しかも、いつも行かない幸浦から乗るなんて、それだけで嬉しいはず。

しかし、さすがに疲れが出ているのか、全然嬉しくない。


早く家に着いてくれという願いのみ。

眠気と戦うために、顔やヒザをバシバシ叩く。


イザとなったら妻を起こせば良いのだが、この旅行は全部おとーさんが運転してきた。

どうせなら最後まで運転したいじゃないか。


それに、家に着けばおとーさんはもう寝るだけだ。

妻はこれから子供たちを幼稚園に送り出さないといけない。


もう少しだ。

ガンバレ、自分。
DSCF4449 - コピー

そして朝7時過ぎ、無事に自宅に到着。

8時間半の運転だった。


ことみ以外の子供たちはまだ寝ていたので、そのまま寝かせておいた方が良いだろう。

ことみは元気いっぱいで朝の教育テレビを見ていた。


妻はこれから幼稚園の準備か。

大変だな。


ちなみに、走行距離をチェックすると、トータルで1750キロ。

さすがによく走ったな。
DSCF4452 - コピー


この後おとーさんはバタンキューで、子供たちの世話は全部妻がやってくれた。

おとーさん、昼過ぎまでグッスリ寝ていました。


以上、紀伊半島1周旅行でした。

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

紀伊半島1周旅行 5日目その2

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。




2月上旬に近畿地方へ旅行に行ってきました。

その詳細をお伝えします。

旅行スタート→紀伊半島1周旅行 1日目その1 




お昼ご飯を食べ、次に行ったのは、名古屋空港に隣接するエアポートウォーク。

中部国際空港(セントレア)じゃないよ。


公式HPはこちら→エアポートウォーク名古屋

以前は名古屋空港は名古屋圏の中心的空港であったが、新しくセントレアが出来たので、空港の機能が縮小された。

空港自体はまだあるのだが、メインターミナルがあった場所はいらなくなったので、民間に払い下げられたのだ。


それがここのエアポートウォークなのだ。

ターミナルをそのまま利用しているので、飛行機は良く見える。


ここは以前の旅行でも来たことがある。

その時の記事はこちら→北陸旅行 2日目その2
DSCF4392 - コピー

ここへやって来たのは、以前も行ったここに寄るため。

ウルトラマンの室内遊園地だ。
DSCF4420 - コピー

上から見るとこんな感じ。

テニスコート1面ぐらいの広さかな。
DSCF4423 - コピー

平日はフリータイムとして、子供1人945円で何時間でも利用出来る。

これを目一杯19時まで利用するつもりだ。


その間、妻はここでショッピングを楽しんでもらおうと考えている。

数時間経ったら妻と交替して、おとーさんは少し仮眠する予定。


今夜は夜通し走って千葉に帰らなきゃいけないからね。
DSCF4393 - コピー

まずは受付でユニホームをもらう。

これでみんなウルトラ隊員だぞ。


たくさん遊ぶぞ!」 (おとーさん)

おー。」 (みんな)
DSCF4399 - コピー

まずはボールプールへ。

すごい数のボールがある。


これだけあれば、下へ潜ったら見えなくなっちゃうかもね。
DSCF4402 - コピー

ボールプールの壁に注意書があった。

カギ・ケータイ 落としたらなかなか見つかりません。
持ち込みはご遠慮ください。


なるほど。そりゃそうだね。


ケータイならともかく、この下にカギを落としたら、見つけるのは絶望的だ。

おとーさんも落とさないように、コインロッカーに預けておこう。


荷物はコインロッカー(無料)に預けられるようになっているので、貴重品は預けておかないとね。
DSCF4401 - コピー

このボールプールには、ボールを入れる場所がいくつかある。

ボールを入れると、下からの風に乗って上に行く仕組み。
DSCF4397 - コピー

ボールをたくさん入れると、その重さでボールが一気にバラバラと落ちてくる。

これが楽しくて何回もチャレンジしている。


でもこのボールが落ちてくるのが体に当たると痛いんだよね。
DSCF4398 - コピー

ウルトラ隊員にはいくつか司令があって、【ボールを何個どこどこに入れろ】とか【一本橋を落ちないように渡れ】とかがあるのだが、どれも楽にこなせる任務。

これは圧縮空気のボール銃で、ウルトラマンの怪獣にボールを当てろという任務。


銃を発射する時の圧縮空気の【バシュッ】という音が非常に耳障り。

怪獣に当たると「ギャオ~」と反応するので、すぐに当たったと分かる。
DSCF4395 - コピー

一通り遊んだので、今度はみんなで鬼ごっこをしよう。

子供用の施設なので、サイズは子供用に作られている。


子供たちが鬼になったらおとーさんはすぐに捕まるし、おとーさんが鬼になったら全然子供たちに追いつけない。

しかもここ、静電気がものすごい。


すべり台を1度すべると、バチーンとすごい音がする。

こりゃすべり台は行きたくないな。
DSCF4403 - コピー

2時間ほど遊んで妻と交替する。

おとーさんは夜に備えて少し仮眠を取る。


駐車場に戻って布団に入る。

妻よ、あとは頼んだぞ。




妻がいる時間帯にイベントがあったらしい。

お姉さんがやってきて説明を開始。


お姉さんが持っている、このボールを探してね。見つけたら良いことあるよ。」 (お姉さん)


なるほど。宝探しゲームですな。
DSCF4405 - コピー

参加する子供は10人ぐらい。

上は小学生から下は赤ん坊まで。


ゲームがスタートすると、小学生組はすぐに見つけられた。

しかしウチの子供たちは全然見つけられない。


けんじなんて最初から戦力外みたいなもんだけどね。

業を煮やしたお姉さんが、ヒントをくれた。


この辺じゃないかな?
DSCF4409 - コピー

お姉さんのせっかくのヒントにも係わらず、ボールを別の子に取られてしまってゲームは終了。

結局見つけられなかったね。


最後にイベントに参加したということで、ポイントカードを発行してもらう。

これはイベント参加ごとにポイントがつくらしい。


それぞれの名前を聞いて、書き込んでいく。
DSCF4411 - コピー

名前を書けたらそれぞれに手渡す。
DSCF4412 - コピー

ことみの番になり、お姉さんに自分の名前を伝える。

しかし恥ずかしいのか、ちゃんと聞こえるように言わない。


消え入りそうな声で「ことみ」と言った。


お姉さんが手渡したポイントカードには【ひとみ】と名前があった。

えーん。ひとみって書いてある。」 (ことみ)

ちゃんとハッキリ名前を言わないからだよ。」 (妻)
DSCF4413 - コピー

ちゃんと名前を言って、もう1度作ってもらいな。

妻に促されてシブシブお姉さんの所へ。


あのね・・・、お名前がね・・・

うん・・・。うん・・・。
DSCF4416 - コピー

きちんと訂正してもらえました。

やったーっ。 (^∇^)

良かったね。
DSCF4417 - コピー

2時間ほど仮眠を取ったおとーさんが、再び妻と交替。

妻はまたショッピングに消えていった。


そして隊員3号を見ると・・・。
DSCF4418 - コピー

寝てんじゃんか!


こうして閉園時間の19時まで滞在したのであった。

紀伊半島1周旅行 5日目その3へ



ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

紀伊半島1周旅行 5日目その1

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



2月上旬に近畿地方へ旅行に行ってきました。

その詳細をお伝えします。

旅行スタート→紀伊半島1周旅行 1日目その1 




旅行5日目。


今日は実質旅行の最終日。


昨夜から立田ふれあいの里という道の駅で車中泊をしていた。

この日も寒く、寝ている間にヒンヤリした空気が運転席側から来ていて、何度か目を覚ました。


今までの車中泊とは違う、本物の冬の車中泊という感じ。

特に布団から出ている肩の辺りに冷気を感じた。


防寒のための銀マットは、運転席や助手席の窓はやっていない。

それで外の冷たい空気が窓から浸入してきたんだろう。


今度の冬の車中泊までに運転席も銀マットを作ろうかなぁ。


それでも朝までちゃんと眠れた。

おとーさんは今日はハードスケジュール(夜通し走る)なので、しっかり眠れて良かった。
DSCF4317 - コピー

今日最初の訪問先は国営木曽三川公園。

公式HPはこちら→国営木曽三川公園


ここは一昨年の北陸旅行の2日目で行く予定であった。

しかし当日雪が降り、泣く泣く予定を変更した記憶がある。


今回はそのリベンジとも言える。

おとーさんにとっては念願の場所なのだ。
DSCF4320 - コピー

この公園はどこのガイドブックにも必ず載っているほど有名な公園。

何たって国営だからね。


中に入ってみると、さすがに広い。

暖かければここでボール遊びも出来そう。
DSCF4321 - コピー

メインの遊具のそばに到着。

駐車場からここまで徒歩10分ほど。


ここ、無駄に広いかも。


でも、この遊具を見た子供たちはテンションアップ。

すごく楽しそうじゃん。
DSCF4324 - コピー

公園のオープンと同時にやってきたからか、他に子供はゼロ。

まぁ、平日の午前中だしね。みんな幼稚園やら何やらあるもんね。


風がビュービュー吹く中、凍えながら遊ぶ。
DSCF4325 - コピー

メイン遊具の中のメインっぽいのがこれ。

トランポリンのようになっていて、走ったりジャンプしたりして遊べる。


これは楽しそうだぞ。

しかしここに乗る時は、靴を脱がなければいけないみたい。


寒いので靴は脱ぎたくないのだが仕方がない。

靴下だとすごく滑るので、どうせなら裸足になりたいのだけれどね。


こうも寒いと脱ぎたくない。


しかし、この上で鬼ごっこをすると、すごく楽しい。

ジャンプしながら走るのは面白いし、何周も回りながらだんだん追いついてくる感覚が、子供たちには盛り上がる理由かも。
DSCF4326 - コピー

小さいながらもローラーすべり台がある。

家族みんなで1列に並んでスィ~。


ちなみに1時間経っても他にお客さんはいない。

我が家の貸切り。
DSCF4342 - コピー

この巨大遊具には、色々な仕掛けがいくつかあった。

屈折する鏡や三面鏡は、子供たちが楽しそうに遊んでいた。


そしてこれ。

こっちで声を発すると、向こうに聞こえる仕組み。


向こうの声もこっちに聞こえるので、糸電話みたいに会話できる。
DSCF4363 - コピー

気温が低く風が強いので、体感温度はすごく低いのだが、ずっと走っていることみとおとーさんだけ暑い。

上着を脱いで遊ぶほど楽しんだ。


寒いとけんじが抱っこ星人になるので、なるべくけんじも楽しめるように仕向けた。

ここでは走るのが楽しいようで、何周も何周もしていた。
DSCF4372 - コピー

約3時間遊び、次へ移動しようと公園事務所の前を通った時、気になる看板を発見。

室内で段ボール迷路があるとのこと。しかも無料。


これは行ってみなければ。

と言うことで、部屋を見てみる。


おぉ、結構デカいじゃないか。

早速やってみよう。
DSCF4374 - コピー

入口からそれぞれ入っていくが、迷路と言うよりは一本道みたい。

ほとんど迷うことなくゴールへたどり着く。


そう言えばこれ、前にもやったことがあるぞ。

このサイズも一緒だ。


その時の記事はこちら→段ボール迷路

ここも完全な貸切りだったので、おとーさんもやってみようかなとちょっとだけ思ったが、やめておいた。

ずーっとハイハイしてゴールまで移動するのは、絶対にキツいはずだ。


妻に促してみたが(笑)、「やるわけないじゃん」と、軽くあしらわれてしまった。

ここ、大人はキツいよな。
DSCF4376 - コピー

さて、楽しく遊んでいたが、もうお昼の時間。

ランチを食べに行きますぞ。


やって来たのは韓丼というお店。

公式HPはこちら→韓丼


このお店は妻が調べてくれた。

なかなか良いお店じゃんか


韓丼 北名古屋店。
DSCF4390 - コピー

メニューはこちら。

韓国のメニューがたくさんある。


おとーさんは辛いのが苦手なので、子供たちと一緒に辛くないメニューにしようかな。

妻は辛いの大好き。好きなの選びな。
DSCF4383 - コピー

もし子供たち食べなかったらと、最初は少なめに注文したが、美味しかったようで、すぐに完食。

全然足りないようなので、もう1個注文。


ちょっと間延びするけど、無駄に残すよりはいいもんね。

ちなみにこれはおかわり分。カルビ丼並500円。
DSCF4388 - コピー

妻もカルビ丼にしたので、おとーさんは石焼きビビンパにしてみた。

ただし、辛いのはなしで。


ビビンパは美味しいんだけど、かき混ぜるのが面倒なんだよね。

同じ具が1ヶ所にかたまったりして上手くいかないし。


それでも美味しくいただきました。
DSCF4386 - コピー

よし、また移動だ。

紀伊半島1周旅行 5日目その2へ


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

紀伊半島1周旅行 4日目その3

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



2月上旬に近畿地方へ旅行に行ってきました。

その詳細をお伝えします。

旅行スタート→紀伊半島1周旅行 1日目その1 




16時過ぎまで公園で遊んでいた。

そろそろ移動しようと、車で5分ほどの場所にあるイオンモール草津にやってきた。


このイオンはかなり大きいようなので楽しみだ。

もちろんラウンジがあることも調査済み。
DSCF4304 - コピー

子供たちはずっと動いていたので、喉が渇いているはずだ。

まずはラウンジへ行ってみよう。


2階に上がり、ラウンジ方面へと歩いていく。

と、ラウンジ入口に立て看板が置いてあった。


なになに?

えーっと、イオンラウンジは17時にて終了しました。


ええーっ!?

終了?


もう?

早くない?


ちなみに、今17時5分。


ええーっ!?

ギリギリだったんじゃん。


それにしても17時って早すぎない?

せめて18時ぐらいが標準ではないかと・・・。
DSCF4305 - コピー

ラウンジでジュースが飲めるからと、移動中の車内で子供たちにはジュースを我慢させていた。

仕方ない。もう一度車に戻ってジュースを飲みに行くぞ。


今日の予定は以上で終了なので、夜までここにいるつもり。

今夜車中泊する場所までは3時間もかからないだろう。


いられるだけ遅くまで滞在し、遅めの夕食を取ればちょうど良いかな。

20時近くまでイオンで粘り、食事を取ることにした。


夕食はここから5分ほどの場所。

九州に本社のあるジョイフルというファミレス。


これは関東にもちょいちょいあるお店。
DSCF4312 - コピー

サイゼリヤみたいに安いメニューがたくさんあるので、その分たくさん注文できる。

いつもより多目に頼んでみた。
DSCF4308 - コピー

おとーさんの隣にいたはずのけんじがしんごの横に移動。

狙いはハンバーグのようだ。


しんごはご飯を、けんじはハンバーグを取ろうとフォークを伸ばす。

お互いにフォークが交差してますよ。
DSCF4309 - コピー

しんごが力づくでけんじの手をどけて、ご飯を口に。

けんじは「コイツ邪魔だなぁ」という顔。


いやいや、邪魔なのはあなたですから。
DSCF4310 - コピー

ゆっくり食事をして現在21時過ぎ。

よし、そろそろ移動しよう。


目的地は愛知県の愛西市。

三重県と岐阜県との境目付近にある。


ここに立田ふれあいの里という道の駅がある。

今夜はそこで車中泊だ。


現在は滋賀県の草津市。

そこから国道421号線を使って行くのだ。


421号線のようなマイナーな国道は、おそらく今後2度と通ることはないであろう。

通れる時になるべくそういう国道を使うようにしている。


今日は大した距離じゃないしね。


メジャーな国道8号線を曲がり、421号線に入る。

一気に車が少なくなり、周囲の建物も寂しくなる。


だいぶ家が少なくなってきたなと思っていたら、そいつは突然やってきた。


ノーマルタイヤ通行不可!


えっ? (;・∀・) マジッスカ

我が家はバリバリのノーマルタイヤ。

もちろん念のためのタイヤチェーンは用意してある。


季節は2月上旬。

そしてこの先は山。


雪があるのか?それとも凍っているってことか?

やべっ。行けないのかな。


んでも、ここまで来て引き返すのもシャクにさわる。

もう少しだけ行ってみよう。
DSCF4313 - コピー

さらに進むと、また表示が出ていた。

ノーマルタイヤ進入するな!

おーっと?


この強い口調の言い方。

これは引き返した方が良さそうか?


うーん。
DSCF4314 - コピー

時間はもうすぐ深夜0時。

田舎道なので、対向車や後続車は皆無。


一応この道がダメな時を想定して、代替コースは調べてある。

しかし、そっちへ行くとなると、3時間は余分にかかるだろう。


しかも、現段階では雪は全くないし、路面の状況も良好だ。

地図で見ると、あと数キロでトンネルに入る。


4キロほどのトンネルで、トンネルを抜ければ恐らくもう大丈夫だろう。

問題はトンネルまでの山道だろう。


あと数キロ・・・。

よし、行ってみよう。


もしチェーン装着で行けるならそれでもいいし。


いつも以上に安全運転で慎重に走る。

路面の状況を見ながら速くても30キロぐらいで慎重に。


そして問題なくトンネルへ到達。

あれま、着いちゃったじゃん。


そのまま走り、トンネル出口で再び減速。

トンネルを出た後の路面も見たが、問題なさそう。


そうして結局何もなく平野部へ行けてしまった。

何だよ、何もなかったじゃん。


と思ったが、あの表示はいつもあれなんだろうね。

いつ雪が降ったとかは関係なく、冬の間はああやって注意喚起しているんだろうなと解釈した。



予定通りの最短距離で走れたので、1時過ぎには道の駅に到着。

2日前・3日前に車中泊した時は、暑いぐらいだった。


しかし今日はかなり冷える。

走っている時は暖房を入れていたが、これからはエンジンを切って寝るので、暖房は入れられない。


みんなでくっついて寝ることにしよう。

すでに寝ていた子供たちはヌクヌク温かい。


おとーさんも寝ることにしよう。

しかし妻が邪魔だな。
DSCF4315 - コピー

紀伊半島1周旅行 5日目その1へ


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

紀伊半島1周旅行 4日目その2

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



2月上旬に近畿地方へ旅行に行ってきました。

その詳細をお伝えします。

旅行スタート→紀伊半島1周旅行 1日目その1 




伊丹空港でアスレチックと飛行機鑑賞を済ませ、お昼ごはんを食べに行く。


向かったのはトマト&オニオン千里万博公園店。

この店も近畿地方中心のファミレス。


伊丹から東側にあり、これから向かう琵琶湖への通り道にある。

また、第2の目標である【関東にはないファミレスを体験する】という条件にぴったりのお店。


子供たちは朝ごはんをあまり食べなかったので、お腹が空いていることであろう。

寒いから早く中に入ろうか。
DSCF4276 - コピー

この店はランチタイムには無料でスープバーがつくみたい。

冷えた身体に温かいスープは嬉しいね。
DSCF4275 - コピー

さらにサラダバーも発見。

この旅行でお肉ばっかり食べているおとーさん。


ここらで野菜をとっておこうかな。
DSCF4274 - コピー

お腹を空かせている子供たち。

ことみはここで初めてジュニアメニューを注文したいと言い出した。


今まではずっと幼稚園児向けの子供メニューを頼んでいた。

小学生向けの今までより量の多いメニュー、大丈夫かな?


いつの間にかどんどん大きくなっていく子供たち。

嬉しい反面ちょっと寂しい気持ちもある複雑な気分。


ちょっと感傷にふけっちゃったかな?



しかしこれはライスが別皿で来る。

頑張って食べるんだぞ。
DSCF4273 - コピー

量の多いハンバーグをちょっとだけ残してしまったことみ。

いいさ。残った分はおとーさんが食べてあげるよ。


ボリュームのある朝食でそんなにお腹が空いていなかった上に、ことみの残した分も食べて、おとーさんは満腹。

さて、これからまた移動だ。


昨日大阪府内を下道で移動した時の渋滞に嫌気が差していたので、同じ失敗は繰り返さないようにと、高速に乗る。

やっぱり高速は早い。快適に到着。と言っても、1時間はかかったが。


車内では子供たちにムリヤリ昼寝をさせていた。

公園や夕食時に眠くならないように、移動中に寝かせる作戦だ。


やってきたのは、滋賀県にある矢橋帰帆島公園(やばせきはんとうこうえん)。

公式HPはこちら→矢橋帰帆島公園
DSCF4277 - コピー

公園なので無料で遊べるのだが、この公園は遊具の規模が大きい。

これは小学生ぐらいがちょうど良いかも。
DSCF4285 - コピー

ここのローラーすべり台は特徴があって、途中で2つに分かれている。

どっちへ行っても長さは変わらないが、分岐する場所だけローラーがなく、そこで止まってしまうのが残念。


おとーさんは最初、お尻をつけないで靴だけで滑っていて、そこの分岐点で倒れそうになった。

いきなりブレーキがかかった感じで、前のめりになってしまう。


あそこは要注意ポイントだ。
DSCF4279 - コピー

ロープのジャングルジムがかなり大きい。

ことみが上まで行くのに挑戦したいと言うので、おとーさんが補助するために付き合った。


上だけを見て登っている時は気づかなかったが、写真を撮ろうと下を向いたら、いきなり恐怖感に襲われた。

いつの間にかこんなに登ったのか、10メートルぐらいは来ている。


お腹の下の方がスーっとする感覚。

何かもう上には行きたくなくなっちゃったな。


ことみは一生懸命登ろうとしている。

おとーさんの所までガンバレ。
DSCF4288 - コピー

ほぼ頂上からの眺め。

妻たちの姿がちょっぴり小さく見える。
DSCF4289 - コピー

ローラーすべり台がもう1つあった。

こちらは純粋なすべり台で、特にこだわっていない感じ。


けんじには何もないすべり台の方がしっくりくるようで、ずっとこれを滑っていた。

しんごもけんじを気にかけてくれていて、良いお兄ちゃんになっている。
DSCF4290 - コピー

この純粋なローラーすべり台で、耐久レースがスタートした。

逃げることみをおとーさんが追う設定で、ずーっと滑り続けるもの。


すべり台で鬼ごっこをしているような感じかな。

滑って走って登って滑ってをひたすら繰り返すが、5往復目ぐらいでおとーさんダウン。


いやぁ、40歳近くなると、子供の体力に追いつかない。

まだまだ元気なことみのタフさに感心したのであった。
DSCF4291 - コピー

走り回っているおとーさんたちは暑い。

あまり走っていない妻とけんじは寒い。


この日の気温は4℃。

そりゃ寒いよね。


寒いと抱っこ星人に変身するけんじ。

妻もいい加減飽き飽きしていたようなので、お2人は先に車に戻ってもらうことにした。


この展開、昨日も今日も見たぞ。
DSCF4301 - コピー

邪魔者(?)がいなくなり、3人で走り回って遊ぶ。

ことみと比べるとしんごはパワーがないので、ことみに出来る事でもしんごには出来ない事がある。


しんごにはそれが悔しいみたいで、おとーさんに補佐してもらいながらやろうとする。

しんごにとっては、ことみは常に1歩先へ行っているように見えるんだよね。


越えられない壁ってやつなのかな。


張り合いながらも協力しつつ色々な遊具で遊ぶ。

それにしてもこの公園、他に子供が全然いないのはどういうことだ?


午後4時過ぎなら地元の小学生あたりが来ても良さそうだと思うのだが。

寒くて風が強いからかなぁ。
DSCF4298 - コピー

暗くなるまで遊んで車へ戻った。

さて、移動しようか。

紀伊半島1周旅行 4日目その3へ


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 9歳(小3)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 7歳(小1)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 4歳(年中)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

専業主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Google AdSense
今までに来てくれた方
今現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
5位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
                FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ                 人気ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
いくつになったの?
オススメ




お小遣い稼ぎなら
バリューコマース

ヤフーオークション
Google AdSense2
検索フォーム
リンク
楽天
役立つリンク集