育児パパのお気楽生活 車中泊関連
コンテントヘッダー

試行錯誤 2

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



3家族旅行の記事が続いたが、3家族旅行の前に、我が家だけの旅行に行く。

それがもう明日に迫っていた。


今回ほど準備が遅くなったことはなく、内心焦っていた。


ここのところ仕事が忙しく、毎日残業続きで、旅行の準備が全然出来ないでいた。

しかし、明日出発というのに、準備が終わっていないというのはマズい。


今日中にやっておかなければ。


前回までにやったのが、ハッチバックの固定方法を考えたこと。

その時の記事はこちら→試行錯誤1


自転車用のワイヤーロックを買っておいた。

他に必要なのが、ハッチバック部の虫よけ。


蚊帳とか網戸とかを考えていた。

しかし、ふと思いついたのが、レースのカーテン。


昼間使う、あのカーテンである。

あれなら、風は通すけど、虫は通さなそう。


よし、レースのカーテンで行ってみるか。


と言うことで、カーテンを探しにサンキへ。


ここで、早速見つけてしまう。

お買い得なカーテンを。
IMG_1233 - コピー

390円の激安カーテン。

この値段で買えるなら、もし失敗しても、恐くはない。


よし、これを買ってみよう。
IMG_1234 - コピー

そして、別で買っておいたワイヤーロックと突っ張り棒。

この突っ張り棒は、ハッチバックを開いておくためのもの。


ノアのハッチバックは、閉じてしまう方に力が加わってしまうため、この突っ張り棒が必要となる。
IMG_1235 - コピー

まずは、ワイヤーロックと突っ張り棒を試してみる。

うん、とりあえずは大丈夫そう。


ワイヤーロックは入ったし、突っ張り棒も狙い通り。
IMG_1236 - コピー

さてここで、先ほど買ったカーテンをつけてみようと思う。

このカーテンが、後ろからの虫を防いでくれる。


洗濯バサミで固定していけば、いつでも外せるし。

そうしてやったのが、これ。


サイズはピッタリ。
IMG_1239 - コピー

ここで問題が発生。

このままでハッチバックを閉めると、上の洗濯バサミが落ちてきちゃう。


洗濯バサミを外してしまうと、カーテンを固定でえきなくなるし・・・。


何か良い案はないかな。
IMG_1240 - コピー

いろいろ試した結果、カーテンを一部はみ出させて固定すれば、カーテンが動かないことを発見。

この方法でやってみよう。
IMG_1242 - コピー

中から見たら、こうなる。

全体にカーテンがかかって、どこからも虫が侵入出来そうな場所はなさそう。

これ、行けるじゃん。
IMG_1248 - コピー

ハッチバックを開けたい時は、鍵を開けてからロックを解除する。

鍵を閉めておけば、外から開けられることはない。



ハッチバックを横から見ると、こうなる。

下は10センチぐらい離れた状態。


ここから空気が入れば、涼しい空気が入ってくれる。

そしてこれなら、部外者が中に入ってくることはない。


よし、これで行けるじゃん。

ハッチバックの完成だ。
IMG_1247 - コピー


旅行前に、何とかギリギリ完成。

これで、夏の車中泊を快適に過ごすことが出来るかな?


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

試行錯誤1

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



子供たちは、夏休みに突入した。

おとーさんの休みの都合で、今年の家族旅行は、夏休み始まってすぐに行く。


もちろん車中泊で。(笑)



夏の車中泊は、いかに暑さを防ぐかで、快適さが決まる。

暑くて眠れないと、翌日に疲れが残ったままとなる。


なるべく快適に車中泊出来るように、毎回ちょっとずつ改良をしている。

逆に言えば、まだ完成していないと言うこと。


今回の旅行は、北陸方面に行く予定。

北陸と言っても、福井・石川・富山と岐阜・長野にも寄るつもり。


暑さをしのぐには、標高の高い所へ行って、気温を下げるしかない。

標高が千メートル上がれば、気温は6℃下がる。


都心が25℃の熱帯夜でも、6℃下がれば、19℃。

快適に眠れる気温だ。



ただ、気温が低くても、風が車内を通らなければ、熱がこもってしまう。


なので今回は、『車内の換気』をメインに考えて改良していこうと思っている。

ネットや本で調べると、いろいろなやり方がある。


費用と手間と自分で出来そうなものを比較して選んだのが、『ハッチバックを少し開けて、空気の入れ換えをする』こと。


ただ防犯上、第3者には開けられないようにしなければならない。

人も恐いし、動物なんかが来ても恐いしね。


ハッチバックの内側には、網戸か何かで虫が入らないようにする。


なので、ハッチバックが開かないように固定する物を探してみよう。


まず、ハッチバックの形状を確認する。

ドアを開けると、固定する器具が出てくる。


これに入れられる物を探そう。
IMG_1885 - コピー

反対側はこう。

ここにもガチッと入れられるやつがいい。
IMG_1886 - コピー

100均にやってきた。

費用をかけずに試すのに、100均は欠かせない存在。


もし失敗しても、ムダにする額は少ないし。



例えば、こんなのとか。


カードリングと言うのか。


これをいくつかくっつけて、固定する。

うーん、ムリっぽいな。
IMG_1187 - コピー

これはいいかも。

カギがあれば、勝手に開けられることはなくなるだろうし。


ただ、長さがちょっと足りないかも。

ちょっと広く開けたい時なんかには、不向きか。
IMG_1188 - コピー

こういうのも良いかもしれない。

ラジオペンチとかで形を変えれば、いけるかも。
IMG_1189 - コピー

ここで、すごく良さそうな物を発見。

自転車用のワイヤーロック。


これが金具に入れば、いけると思う。

問題は、金具に通るかということ。


カギの部分がかなりぶ厚いので、通らなさそうな感じもする。


カードリングと併用して使うのも良いかもしれない。
IMG_1191 - コピー


とりあえず、ワイヤーロックを買ってみて、試してみるとするか。


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2段ベッド さらに改良

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



明日から車中泊の旅行に出かける。

旅行の前に、2段ベッドの変更を行おうと思う。


以前の車中泊の時のダメだったところを改良する。


まずは、パイプの強度を増すために、余って使っていなかったパイプをつける。

外側の2つのやつがそう。


ただ、これをやったところで、本当に強度が増すのかは、不明。

本当は、意味ないかもしれない。
CIMG8459 - コピー

新しくつけたパイプは、上から吊したベルトを通すためのもの。

これで、縦のパイプにかかる圧力を減らせるのではないかと考えた。
CIMG8482 - コピー

パイプの形状を変更したことで、その上に置く板の幅も変更しなければならない。

また、それまでは台形だった板の形も是正することにした。


上と下では、上の方が少しだけ幅が大きい。

分かるかな?
CIMG8484 - コピー

15ミリの板をノコギリで切るのは、一苦労。

おとーさん1人だけでやるのは、かなりつらい。


ダイエットを始めた妻にも手伝ってもらった。

身体を動かして、脂肪を燃焼させよう。
CIMG8489 - コピー

30分ほどかけて、外側2枚の板を切った。

黄色い線が、元々あった板の形。


これで横幅は、115センチとなった。

これが上段ベッドの幅となる。


子供たちが2人で寝られる幅はあるね。
CIMG8490 - コピー

切った板をパイプの上に乗せてみる。

計算通り、ピッタリ収まった。


良かった。
CIMG8491 - コピー

上段ベッドに布団を敷き、けんじに乗ってもらった。

やや乱暴に動いても大丈夫。


ベッドはびくともしない。

強度も大丈夫そうだね。
CIMG8492 - コピー

今までのベッドだと、上から吊すのがメインになっていて、安定性に難があった。

車が揺れると、ベッドが前後左右に揺れてしまっていた。


それを解決するため、荷造りヒモで固定してみることにした。

荷造りヒモなら、もし失敗したとしてもすぐに外せるし、再びつけることも出来る。


まず、前後方向には、運転席と助手席のヘッドセットの所で固定。

これで加減速は大丈夫だろう。
CIMG8498 - コピー

続いて、左右の固定。

これは、ここだという所がなかったので、2列目シートベルトの金具の部分にくくりつけた。


ここは、ちょっと固定するには弱いので、途中で外れてしまうかもしれない。

ベルト自体が動いちゃうかもしれないし。


こっちは、様子を見ながらやっていくことにしよう
CIMG8499 - コピー


これで、今回のベッド改良は終わり。

また不具合が出たら、次の車中泊までに直すことにしよう。


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ベッド完成

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



昨日、ベッドを改良するのを記事にした。


いつでも車中泊出来ることになったら、すぐに行きたくなってしまった。

ちょうど金土日と、みんなの休みが合う。


だったら、どこかへ行ってしまおう。

と言うことで、急遽どこかへ行くことにした。


まだ行き先は決めていないが、関東近郊あたりにしようか。





子供たちが学校へ行っている間、おとーさんは車中泊の準備をする。


ここで久しぶりに、車中泊の準備を紹介しようかと思う。


我が家の車は、8人乗りのトヨタ(TOYOTA)のノア(Noah)60系。

もう10年以上前に発売された車になる。


2段ベッドを使った、冬用車中泊の準備。

夏用車中泊は、また違った準備が必要になるので、注意してほしい。




まずは、ベッド下段から。

2列目と3列目のシートを1番後ろまで倒す。


そうすると、段差ができてしまうので、クッション等を敷いて、段差を極力なくす。

完全にフラットでなくても、我が家は寝られるので、ある程度クッションを置けば済む。
CIMG8236 - コピー

ほぼフラットになったシートに、敷き布団を敷く。

下段は、ダブルサイズの布団が、ちょうど入る幅がある。


敷き布団を敷くと、後ろ側がやや高くなる。

けど、後ろ側を頭にして寝るので、後ろ側が高い分には問題ない。


人によっては、枕なしでも良いかもしれない。


また、布団を敷くと、2列目3列目をほぼ目いっぱい使ってしまうので、荷物はシートの上には置けないと考えて良い。
CIMG8228 - コピー

さらに毛布と、掛け布団をかける。

妻は暑がりなので、毛布は使わないが、おとーさんは、毛布・掛け布団・毛布と、3つ使っている。


ちなみに、下段には、大人2人・子供1人が寝る。

なので、枕は3つ。


これで、下段は完成。
CIMG8222 - コピー

次は、ベッド上段。

イレクターパイプとベニヤ板で作ったベッドの上に、まずはすべり止めシートを敷く。


これは100均で買ったもの。

敷き布団が動くのを防ぐため。
CIMG8232 - コピー

ちなみに、上段のベッドは、荷積み用のベルトを使って、吊り上げている。

吊り上げ用ではなく、荷物を固定するためのベルト。


100キロまで耐えられる物なので、子供たちが乗っても大丈夫。


これを前後で2個使っている。
CIMG8234 - コピー

ただ、ベルトだけだと、グラグラ揺れてしまうので、揺れ防止用に前にパイプをつけて、安定性を増している。

これがあるのとないのとでは、大違い。
CIMG8235 - コピー

上段に、子供用の布団を2つ敷く。

子供たちが赤ちゃんの時に使っていたやつだ。


これがちょうどサイズが合う。
CIMG8231 - コピー

薄い毛布を敷いて、シーツ代わりとする。

ちなみに、上段には、子供が2人寝る。


3人でも、寝れないことはないが、やはり狭い。
CIMG8229 - コピー

掛け布団と毛布をかけて、完成。

高さがないので、這って移動しなければならないのが、難点。
CIMG8224 - コピー

下段に寝た状態からの視点。

外はほぼ見えないが、寝ているだけなら気にならない。


顔の所には上段ベッドはないので、圧迫感はない。
CIMG8223 - コピー

後ろからの全体図。

荷物はシートの下に入れるしかない。


車内全体をベッドとして使っている。

でも、運転席と助手席は丸々空いている。


この状態でも運転は通常通り出来る。
CIMG8221 - コピー

車内の目隠しは、銀マットを利用して作った。

これで、目隠しと防寒の2つの効果がある。


これで外の光は、ほとんど入ってこない。
CIMG8237 - コピー

1列目と2列目の間には、遮光カーテンをつけている。

子供たちが寝ながら走っていても、対向車のヘッドライトは見えない。


街路灯の光も、これで防げるので、眩しくない。
CIMG8238 - コピー


以上が、我が家の冬用車中泊の紹介でした。

少しは参考になったかな?


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ベッド改良

※記事の都合上、日にち・曜日が前後することがあります。
   また、この記事は数日~数週間程度前のものです。



3月中の旅行に行こうかと考えている。

ただ、予定が決まらず、行くかどうかは分からない。


でも、行くとなれば、必ず車中泊はする。

と言うことで、ベッドの改良に取り掛かることにする。


まず、現在のベッドの最大の問題点は、幅がギリギリなこと。

車の幅に目いっぱいの広さのベッドを作ったため、かなりキツキツになっていた。


余裕が全くないベッドになっていた。


幅が広い方が、寝るには良いだろうと思ってはいた。

しかし、設置や取り回しのしやすさで言うと、やりにくさはあった。
CIMG7824 - コピー

そこで、思い切って、ベッドの幅を10センチ縮めることにした。

10センチ縮めることによって、車内での取り回しが楽になって、設置しやすくなると考えた。


まずは、元となるイレクターパイプを切る。

10センチキッチリ測ろう。
CIMG7923 - コピー

横のパイプをそれぞれ10センチずつ、計5本のパイプを切断。

これ、けっこう力が必要なんだよね。


5本も切ると、手が痛い。



そして、短くなったパイプで、組み立ててみる。

今まで幅が130センチあったのが、120センチになった。


長さは、元々120センチ。

これは変わらない。


子供たちの身長が伸びてしまったら、最大で150センチまでなら伸ばせる。


縦横ともに、120センチのベッドが出来た。
CIMG7924 - コピー

これを車に積み込む。

今までは、キツくてなかなか入らなかった。


10センチ短くなったことで、パイプがすんなりと入った。

これはいい!


中列のベルトがある部分が、いつもジャマだったんだよね。
CIMG7926 - コピー

パイプは終わった。

次は、上に乗せる板だ。


これも10センチ切らなきゃ。


ベニヤ板をノコギリで切る。

これも結構疲れるんだよな。
CIMG7928 - コピー

前後それぞれの2枚の板を切り終えた。

車内に入れてみよう。


こちらもすんなりと入った。

ベルトの部分で、やや圧迫されたはいるが、まぁ大丈夫だろう。
CIMG7930 - コピー


とりあえず、これでベッド改良は終了。

これで、いつでも車中泊に行けるかな。


ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 10歳(小4)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 7歳(小2)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 4歳(年長)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

専業主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Google AdSense
今までに来てくれた方
今現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
5位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
                FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ                 人気ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
いくつになったの?
オススメ




旅行なら
お小遣い稼ぎなら
バリューコマース

ヤフーオークション
Google AdSense2
検索フォーム
リンク
楽天
役立つリンク集