育児パパのお気楽生活 出産
コンテントヘッダー

出産予定日

3月2日 (金)

今日はサブロー(仮の名前)の出産予定日。
すでに2月24日に生まれているので、ちょうど1週間早かったことになる。

今回は出産した病院を紹介することにしよう。
初めてのお産をするお母様方や興味のある方には、少しは参考になるのではないだろうか。



我が家が利用した病院は、千葉市中央区にある産婦人科。
妻の実家から徒歩3分程度という距離にあり、しんごを産んだのもこの病院だ。

しんごの時は、ことみを連れて(当時2歳3ヶ月)の子連れ入院ができるということで、この病院を選んだ。

当時の産院のHPには子連れ入院についての案内があったのだが、今回はなくなっていた。
おそらくもう子連れ入院はやめたのだろう。

病室(個室)の様子。
※出産当日、病室に着いてすぐの状態。
IMG_0737p.jpg

病室は6畳程度の広さ。
出産から1週間程度の滞在なので、このぐらいで十分なのだろう。
※退院の日撮影。
IMG_0869p.jpg

2人部屋だとこのように。なかなか広いね。
IMG_0764p.jpg

病室には、特殊なイスが置いてある。
出産後の下半身の痛みに耐えられる(?)ようにできているのかな。
IMG_0871p.jpg

出産の時や入院している時は、基本的に支給されたこの服で過ごすことになる。
見るからに寒そうだが、暖房が効いているので大丈夫か。
IMG_0738p.jpg

この産院では、面会者は全員マスク着用だ(子供も)。
院内感染への意気込みがうかがえる。
IMG_0758p.jpg

これは、出産の時に妻のお腹につけたセンサーの機械。
多分赤ちゃんの脈拍とお腹の張り具合を測るものではなかろうかと、勝手に予測している。

陣痛が来ると、この右の数値が上昇する。
妻の場合は10~50ぐらいまでを行ったり来たりしていた。

また、赤ちゃんの心音がドクッドクッって聞こえるようになっている。
ああー、ちゃんと生きているんだなぁっ。もうすぐ会えるなぁって実感できる機械だ。
IMG_0744p.jpg

陣痛に耐える妻。子宮口がきちんと開くまでは病室で待機することになる。
ちょくちょく看護婦さんが見に来て、子宮口の状態を確認する。

そろそろだなーとなって初めて、分娩室へ移動することになる。
それまではひたすらこの部屋で待つことになる。

初産で1人で来た妊婦さんはここで1人孤独に陣痛に耐えるのは不安だろう。
何もしなくても隣にダンナさんがいるのは、それだけで心強いのかな。
IMG_0740p.jpg

生まれたばかりの赤ちゃんは、最初はここに入る。
中は暖かくしてあり、センサーをつけているので、赤ちゃんの容態を常にチェックできている。
IMG_0748p.jpg

翌日からは普通のベットに移される。
ここには名前を書く欄があり、すでに名前が決まっているのなら、看護婦さんが書いてくれる。

名前が決まっていない時は母親の名前が書いてある。
IMG_0771p.jpg

赤ちゃんルームには面会の人が自由に来れるので、祖父母や友人たちはここで寝ている赤ちゃんを見ることができる。
IMG_0769p.jpg



最後に一番の楽しみである、病院での食事。
写真に撮れた分だけですが。
※クリックすると拡大します。
IMG_0808 - コピー

専属の栄養士さんがいるので、栄養バランスはバッチリ。
※クリックすると拡大します。
IMG_0823 - コピー

味はとても美味しいそうです。
私は食べなかったのでわかりませんが。
※クリックすると拡大します。
IMG_0856 - コピー

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

産科退院の日

2月28日(火)

妻とサブロー(仮の名前)の退院の日

24日に出産してから、実質5日。もう退院なんてと思う。
こんなに早くて大丈夫なのかと。

妻にしてみれば、もう少しゆっくりしていたかったというところか。
3食とおやつがついて、赤ちゃんが泣かない限りは自由に過ごせる、夢のような日。

帝王切開をすれば、もっと長く入院できるらしい。
でも3日くらいはご飯を食べられないらしいけど。

妻は3人の出産全部を普通分娩で済ませた。
妻の希望は、無痛分娩か帝王切開だったようだが。

こんなに自由で楽な生活はしばらくできまい。


病院に行くと、妻はすでに着替えを済ませていた。
最後の検診を受けて、妻・赤ちゃん共に健康で退院しても問題ないそうだ。

良かった。人によっては最後の検診で退院に待ったがかかる人がいるらしい。
お母さん・赤ちゃん両方が異常がなければ、2人とも退院。

赤ちゃんだけ異常が出たら、赤ちゃんのみ入院継続で、お母さんは退院。
お母さんだけ異常の場合はどうなるんだろうか。
IMG_0863 - コピー

帰る準備ができたら、ナースステーションに一声かけるように言われていた。
挨拶に行ったら、記念に写真を撮るとのこと。

病院に飾る用の写真なのだろう。
ついでに自分のカメラでも撮ってもらう。うん、良い記念になったぞ。
IMG_0864 - コピー

部屋を出る前に忘れ物のチェック。
こうして見ると普通の病室とは違うなぁ。

ヘンな形のイス。アソコを切ったり裂けた人用のイスなのだろう。
切った人は、しばらくまともに座れないと聞く。

妻もことみの出産の時に切ったので、座る時に異常に時間がかかっていたっけな。
ただ座るだけなのに、ゆっくりゆっくり1分くらいかけて座ってたな。

今回は切らずに産めたので、このイスのお世話にはならなかった。

短い間だったけどありがとうございました。
IMG_0869 - コピー

みんなを車に乗せて家に帰る。
いつも以上に気を遣って安全運転。加速も減速もゆっくり。

生後5日の赤ちゃんを乗せているのでね。ムリは禁物だ。
後続車が来たら左へ寄せてハザード。先に行ってもらう徹底ぶり。

これほどの安産運転は2年半ぶり。しんごを産んで以来だな。
無事に家に到着。

ここからいつもの日常に戻るのだ。
妻にとっては久しぶりの、騒がしい子供たちと一緒。

ちょっと懐かしいのかもしれないね。


ことみとしんごの出産の時は、退院してしばらくは妻の実家に世話になった。

ことみの時は1ヶ月。しんごの時は2週間。
妻は赤ちゃんの世話をして、家事はおばあちゃんがやってくれた。

今回はことみの幼稚園があるため、実家で過ごすことができない。
また3人目なので、赤ちゃんの世話はすでに経験済みだ。

だから退院してすぐに自分の家に帰ることにした。

今まで一緒に過ごした川越ばぁばも今日でお別れ。
実家に帰ることになる。

最後に鎌取ジャスコでお菓子を買ってもらい、駅でお別れ。
子守りに外食にありがとう。助かりましたよ。

ばぁばと分かれて家に戻る。
と、ことみが急に泣き出した。
うえーん。川越ばぁばがいなくなっちゃったよー。
IMG_0872 - コピー

夜ご飯を食べ、お風呂上りにユーチューブでプリキュアを見る。
もうこの時点でいつもの日常に戻ったね。
IMG_0874 - コピー

今日からおとーさんも仕事が始まる。
いきなり夜勤だが、がんばろっと。

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

妻入院中の我が家の生活

2月25日~27日

今回は、妻の入院中の我が家の生活を書いてみる。
おとーさんの実家から1人暮らしの母(川越ばぁば)がヘルプでやってきてくれた。

まぁばぁばがいなくても生活はできるわけだが、料理のできないおとーさんだけでは心もとなかったわけで、念のためきてもらった。

子供たちはばぁばになついているし、普段1人のばぁばにも良い刺激になるかもしれない。
ばぁばは年金暮らしだが、かわいい孫たちに甘々で、色々買ってあげようとする。

子供たちがおもちゃコーナーで「これかわいいなぁ・・・。
なんて言ったら大変。すぐに「買ってあげるよ。」ってなっちゃう。

今回はリサイクルショップでおもちゃを買ってもらった。
ことみ3000円(新品定価9200円)・しんご300円(定価不明)。

値段は10倍だが子供たちの喜びは同じ。
ことみの選んだやつは、おとーさんとだけだったら絶対に買ってあげない商品だ。
IMG_0813 - コピー

ばぁばに食事の支度を頼もうと思っていたのだが、オール電化のIHクッキングヒーターに戸惑いをみせた。
やり方がわからないので、料理はしたくない。全部外食でいいじゃん。

ということで、妻の入院中は全部外食で済ませた。
外食好きのおとーさんは大喜びだったが、こういうのってどうなんだろうね。

体によくない気がする。外食もほどほどがいいのかな。
COCOS ココス(公式HP)では、いつも妻が描いていたホットケーキプレートを今回は初めておとーさんが挑戦。

ことみの希望でドラえもんとしずかちゃん。
ドラえもんは絵を見ながら描けたので、そこそこできたと思う。

しずかちゃんは・・・。近くに絵がなく、顔を思い出しながらなのでこんなもんか。
でもこれはひどすぎる。自分でも思うな。つくづく美術の才能はなさそうだ。
IMG_0816 - コピー

普段デザートはほとんど注文しないが、今回はばぁばが一緒なので特別扱い。
ばぁばがいる時は特別なのだ。

この機を逃さず2人ともソフトクリームを注文。
ごはんはあまり食べないのにね。普段だったら許さないぞ。
IMG_0827 - コピー

妻がいなくても、平日はきちんと幼稚園に行かせた。
幸いお弁当の用意をしなくて良い日だったので、おとーさんは助かった。

ことみの幼稚園は毎日お弁当なのだが、この日に限って豚汁パーティとかで幼稚園が用意してくれることになったのだ。

おとーさんの一番の試練である、お弁当作りをせずに済んだのはラッキーだった。
ことみは幼稚園で、先生たちに「おめでとう」をたくさん言われたとかで、終始ご機嫌だった。
IMG_0848 - コピー

24日に赤ちゃんを産んだ妻は、28日に退院する。
それと同時にばぁばは実家に帰り、おとーさんは仕事が始まる。

またいつもの日常に戻るね。

明日は退院の日を書こうと思います。

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

一段落

出産翌日。

出産だなんだというのは大人の都合であって、子供たちにはそんなの関係ない。
朝から元気に遊ぶ2人。

もう2年もすれば、これが3人になるのか。
うーん。想像するだけで騒がしそうだ。
IMG_0785 - コピー

面会時間に合わせて病院へ。
15時のおやつの時間になったようだ。

栄養士さんが運んできてくれたおぼんを見て、しんごの目がキラリと光った。
この日のおやつはケーキ。

妻のためのおやつであっても、自分のものだと勘違いをしているようだ。
IMG_0799 - コピー

新生児は約2時間おきにミルクをあげなければならない。
お腹が空いた時は赤ちゃんが泣くので、ミルクの時間だと判断できる。

まぁ泣くのはミルクだけではないのだが・・・。
ミルクをあげるのを何回か見ていたことみが、ミルクをあげてみたいと言い出した。

ベットに座らせ絶対に落ちないように、そばで大人が見守る中でミルクをあげ始める。
こう?これでいいの?」 (ことみ)
そうそう。それでいいんだよ。上手だね。

嬉しそうな表情のことみ。


しかし1分後
もう飽きた。
そうだよね。子供なんてそんなもんだよね。
IMG_0807 - コピー

夜ご飯の時間になった。病院での食事とはどんなもんだ?
おお、なかなか豪華じゃないか。美味しそうでいいですな。
食事しか楽しみがないからね。」 (妻)
確かに。そうかもしれないな。
IMG_0808 - コピー

妻が食べるのをジャマしないように帰る支度をしていたが、動かないヤツが1人。
しんごがじーっと獲物を狙っている。

それはしんごのじゃないからね。ママの唯一の楽しみだからね。
IMG_0809 - コピー

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
コンテントヘッダー

産まれました(その後)

先にこちらをご覧ください。 
産まれました(その1)
産まれました(その2)

2月24(金)

昨夜(もう今朝だが)寝たのは5時過ぎ。起きたのは7時半。
せまいフトンで3人で寝るのというは、ちとキツい。

両側から蹴られ・たたかれ、全然寝た感じがしない。
まあ寝たといっても2時間ほどなので、寝た気がしないほうが正常なのだが。

とりあえず幼稚園に電話だ。出産の報告と、今日はお休みさせる旨を伝える。
よし。これでやらなければならないことがひとつ減った。


おばあちゃんが朝ごはんの支度をしてくれていた。
我が家では、普段は朝ごはんは少ししか食べない。食パン1枚とかバナナ1個とかだ。

あまり多めに用意されても困るんだけどなぁ。

テーブルの前に座った子供たちが、早速何やら騒ぎ始めた。
赤いイチゴのクッキングタイマーをめぐってケンカ勃発。

おいおい・・・。朝からカンベンしてくれよ。
IMG_0750 - コピー

豪勢な朝ごはんが出来上がった。
いつもは一口しか飲まない味噌汁をおわんいっぱいに出され、困惑することみ。

全部飲まなきゃダメ?」 (ことみ)
ダメだよ!飲まなきゃ大きくなれないんだからね!」 (おばあちゃん)

ダメだと言われたことみは、おとーさんの顔を見る。どうすればいいの?って感じだ。
とりあえず一口飲みなさい。一口飲めばいいから。」 (おとーさん)
IMG_0751 - コピー

朝ごはんをご馳走になり、一旦家に戻る。
ここでことみが公園に行きたいと言い始めた。

おとーさんは色々な準備でそれどころではないが、少しだけ付き合ってあげることにした。
お互いに少し落ち着く時間が必要なのかもしれないね。

公園で1時間程度遊んで、おとーさんも心のゆとりが持てたかな。
IMG_0753 - コピー

妻の病院の面会時間は13時から。それに合わせて病院へ行ってみる。
子供たちはまだサブロー(赤ちゃんの仮の名前)に会っていないからな。

少しでも見たいだろう。
病院ではインフルエンザの感染予防のため、面会の人は全員マスクを着用しなければならない。
これは大人も子供も関係なく、全員だ。

事前に子供用のマスクを購入しておいた。大人のマスクより高いのが多いね。
IMG_0758 - コピー

たらふく朝ごはんを食べたので、お昼になっても全然お腹が空いていなかった。
病院についてすぐミスタードーナツ(公式HP)で1個ずつ買っておいた分を食べ始める。

赤ちゃんを見るよりも先だ。
ちなみに妻は、お昼ご飯をあまり食べられなかったらしい。

何だかみせびらかすようで、すみませんねえ。
私の分、ないよね?」 (妻)
ないよ。」 (即答)

ちょっとスネる顔をする妻。いい表情だ。
買ってないワケはないのだが、Mの妻をいたぶるのは夫の役目。

弱っている妻をいじめるのはかわいそうなので、このあとすぐに教えてあげた。
IMG_0761 - コピー

産まれた初日は、基本看護婦さんが赤ちゃんの面倒を見てくれる。

翌日以降は、新しいお母さんの世話の練習のために、赤ちゃんは部屋にいることになる。
そこで授乳やミルクの作り方、オムツ交換のやり方などを覚えるのだ。

でもまあそれは、初産のお母さんのためのシステム。
すでに子供が2人もいる我が家には関係ない。

できるだけ休憩できる時間が長いほうが良い。
明日になれば、嫌でも赤ちゃんはやってくる。

希望すれば今日からお部屋に連れて行きますが、どうしますか?」 (看護婦さん)
明日からでいいです。」 (即答)

3人目なんてそんなもんだよね。

お腹を満たしてからみんなで赤ちゃんを見に行く。
あの赤ちゃん?
そうだよ。
ふ~ん。
特段感想はないようだ。
IMG_0759 - コピー

アレを産んだのよね~。
妻がしみじみと言う。
痛かっただろうな。良くやったな。
IMG_0769 - コピー

赤ちゃんを見終わってみんなで病室へ戻った。しかし、妻がなかなか帰ってこない。
様子を見に行くと・・・。

いてて・・・。
何やってんの?
速く歩けないの・・・。
ふーん。大変ですな。
IMG_0772 - コピー

病室は子供たちの格好の遊び場に早変わり。
ベットで飛び跳ね、はしゃぎまわる。

ベットで跳ねる度に振動が妻に伝わる。
少しの振動でも体に響くようだが、子供たちに気にする様子はない。

3人目になるといい加減になるのは、何も赤ちゃんに対してだけではないようだ。
パパのママに対するいたわりの態度もいい加減になるみたい。

初めてのお産の時は、妻が快適に過ごせるように色々気を遣ったものだ。
今の自分を、ことみの出産の時の自分に見せたら驚くだろうな。
IMG_0767 - コピー

おとーさんの母親(川越ばぁば)が応援に来てくれた。
赤ちゃんが生まれたらヘルプで来てくれるように頼んでいたのだ。

早速甘え始めることみ。
川越ばぁばはしばらく滞在する予定なので、子供たちはどれだけ甘えるのだろうか。
IMG_0775 - コピー

妻の夜ご飯の時間になったので、そろそろ帰るとしましょうかね。
こっちもみんなで夜ごはん。

肉の万世(公式HP)で美味しいお肉を。
IMG_0780 - コピー

ものすごく眠いので、今夜は早く寝れるな。

ランキング参加始めました。面白かった方はポチっとな。(どれでもOK)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

とまお

Author:とまお
1976年生まれ

私 ・・温厚でおとぼけ者
妻 ・・短気でおおざっぱ

子供1・・ことみ 10歳(小4)
おてんばで外遊び好き

子供2・・しんご 7歳(小2)
甘えん坊で食いしん坊

子供3・・けんじ 4歳(年長)
泣き虫のママっ子

ペット・・さくら(犬) 
トイプー 残飯処理班長

居住地・・千葉県千葉市
仕事 ・・夜勤もある交代勤務

専業主婦の妻と3人の子供たちとのドタバタを備忘録として記録に残しています。

現在、子供たちとふれ合う時間を大切にしているので、ブログの内容を軽めにしました。(24年3月~)

子供たちの顔にモザイクを入れました。(26年6月~)

イタズラのコメントが多いので、コメントを閉鎖しました。
コメントある場合は拍手からお願いします。
(28年7月~)

記事は数日~数週間前の出来事です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Google AdSense
今までに来てくれた方
今現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
7位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加中
                FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ                 人気ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
いくつになったの?
オススメ




旅行なら
お小遣い稼ぎなら
バリューコマース

ヤフーオークション
Google AdSense2
検索フォーム
リンク
楽天
役立つリンク集